• ホーム
  • 保険商品について
  • 用語集
  • 住宅瑕疵担保責任保険協会について
  • 住宅瑕疵担保履行法について
  • 審査会について

既存住宅売買のかし保険(個人間売買タイプ)

既存住宅売買のかし保険(個人間売買タイプ)のポイント

  1. 既存住宅売買かし保険は、「売主が宅建業者の場合」と「売主が宅建業者以外(個人間売買)の場合」の商品があります。
  2. 構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分などで、保険期間は5年間または1年間です。
  3. 万が一、引渡しを受けた建物の保険対象部分に瑕疵が見つかった場合は、その補修費用をまかなうことができます。

ビデオで見る既存住宅売買かし保険

検査機関の手続きの流れ

検査機関の手続きの流れ

保険の仕組み

個人間での売買の対象となる住宅の検査を行い、売買後に隠れた瑕疵が発見された場合に保証する「検査機関」の保証責任について保険金を支払います。

保険の仕組み

保険金の支払い対象

1.保険金の支払い対象となる費用

1.補修費用、2.調査費用、3.転居・仮住まい費用等

2.保険金

3.支払い対象と保険期間

保険対象部分 保険期間 保険金を支払う場合 事象例
構造耐力上必要な部分 5年間
または
1年間
基本耐力性能を満たさない場合 建築基準法レベルの構造耐力性能を満たさない場合
雨水の浸入を防止する部分 防水性能を満たさない場合 雨漏りが発生した場合
給排水管路※ 通常有すべき性能または機能を満たさない場合 (設置工事の瑕疵による)水漏れ、逆勾配
給排水設備・電気設備※ 機能が失われること (設置工事の瑕疵による)設備の機能停止

(※)給排水管路、給排水設備・電気設備については、保険法人によっては保険対象としていないところもあります。

このページのトップへ

既存住宅売買に関するQ&A

Q.住宅は新築から何年すると、中古となるのですか?

答えを見る

Q.中古住宅を購入する際に、気を付けることはどんな点ですか?

答えを見る

Q.中古住宅を購入する前に検査やインスペクションを受けた方が良いですか?

答えを見る

Q.宅建業者の「自社売買」と「仲介」では瑕疵担保責任は、どの辺が異なっているのですか?

答えを見る

Q.リフォーム工事が行われた中古住宅を購入しましたが、瑕疵担保責任はどうなりますか?

答えを見る

Q.中古住宅購入後に困った時には、どうすればいいですか?

答えを見る

Q.保険を使える事業者は、どうやって探せばいいですか?

答えを見る

参照文献:「もっと知りたい!リフォーム&中古住宅売買の基礎知識」
発行:株式会社 ぎょうせい

お問い合わせ

株式会社住宅あんしん保証 03-6824-9095 ホームページはこちら
住宅保証機構株式会社 03-6435-8870 ホームページはこちら
株式会社日本住宅保証検査機構 03-6861-9210 ホームページはこちら
株式会社ハウスジーメン 03-5408-8486 ホームページはこちら
ハウスプラス住宅保証株式会社 03-5262-3814 ホームページはこちら

保険商品についてトップへ戻る

このページのトップへ